合宿免許

 

 

 

合宿免許 期間

合宿免許の期間って、どのくらいでしょう?

 

合宿免許の期間は、だいたい約2週間+α と考えると分かりやすいです。

 

… プラスα ってなに?

 

プラスαにあたるのは、運転免許を取りに行くと、検定があります。

卒業検定と終了検定の合計2回。

これに落ちることがあるから、プラスαの期間を見積もっておく必要があるんです (^^)b

 

同じような意味の卒業検定と終了検定。

まずは終了検定を受験します。

合格 = 仮免許取得 → 路上教習

つまり、仮免取得の試験と、運転免許試験場に行くためのパスポート取得試験。

 

合宿免許 交通費込のオールパック料金189,000円~

 

でも、この試験に落ちると …

教習所に通う期間が延びます。 → これがプラスα

 

そうなんです。

これの期間を見積もらないと、バイトのシフトにも迷惑をかけます。

これの期間を見積もらないと、費用が思いのほか膨らみます。

これの期間を見積もらないと、卒業旅行の日程にも響きます。

これの期間を見積もらないと、デートの約束もすっぽかします ← 現地での浮気を疑われますw

これの期間を見積もらないと …

 

都合の良いように予定を立てた時、きっと何処かで計画は破綻します。

コチラのサイトには、そうならないためのノウハウやポイントが載っているので

参考にしてもいい気がします。 → 合宿免許の選び方

合宿免許だけでなく、いいことがいっぱい載っていますから。

 

合宿免許 関東

関東で合宿免許に行くとすると、行く方面は4つあります。

新潟方面、東海方面、東北方面、関東内方面。

関東地区なのに合宿免許の行く方面なのは、決して千葉や埼玉が田舎というわけでなく、館山とか房総半島の先の方って行くところがあるわけで、埼玉とかでもいいわけです。

言い換えれば、関東の周辺部は合宿免許の候補地になってしまいます。

 

なんで?

 

要するに、若い人が少ない地域は、人を補うために合宿免許で人を集めるわけです。

 

人がいなければ呼べばいい。

 

だから、関東内にも関東の人向けの合宿免許の候補地があるわけです。

でも、地方に行った方が、おいしいものや楽しい時間を楽しめるのも事実。

どっちがいいわけではないんです。

 

合宿免許 おすすめ

おすすめの合宿免許って、どんなポイントで見ればいいんでしょ?

車・バイクの免許取るなら【合宿免許受付センター】

冒頭にも言いましたが、教習所通いには検定試験があります。

検定試験があったのなら、落ちることもある、とお話しました。

当然期間が延びます。

 

おすすめする合宿免許のポイントは、教習期間が延びたとしても、追加料金がかからないこと。

かかったとしても、ある程度は無料で対応してくれること。

この辺がポイントなんだろうなぁ、と。

 

「これに落ちたら追加料金がかかる。」

 

と思ったら、緊張したりして落ちる人もいます。

20万円って書いてあった合宿が、結局追加10万円とかありえないですから。

でも、教習費用と宿泊代を考えたら、そんなことザラにあります。

昔はそんな合宿免許屋さんが多かったですけどね。

安く見せて、地方で落ちてそのまま延長、プラス10万円!

みたいなビジネスが。

 

最近は減ったのかなぁ、と思ったら、意外とそうでもなかったりします。

 

合宿免許選びには、やっぱり追加料金の有無や程度を調べてから、これはいい、というものを選ぶといいですね!

 

本物のダイエットはコチラ!!

ページトップへ